医療クリニックコーディネート

Chart.4院内のレイアウト内装

院内のレイアウトで一番始めに考えなければならないのは、整・接骨院への入り口と受付、待合室との関係です。
テナントではほとんどの場合入り口が決まっていますから、受付と待合室をどう配置するかにかかってきます。
まずは明るくて入りやすい雰囲気にすることが大切です。
そしてできるだけ外から、院の中に患者さんがいることが分かるほうが良いでしょう。
他の患者さんが入っているのを見れば、新規の患者さんも入りやすくなります。
受付と待合室は、できるだけ受付から待合室全体が見渡せるようにしてください。
待合室から受付が見えなかったりすると、「自分は忘れ去られていないか」と患者さんを不安にさせてしまいます。

次に診療室のレイアウトですが、基準となるのはベッドをどう配置するかです。
器械の種類によるところも大きいのですが、ベッドの数や並べ方が決まったら自ずと器械の配置も決まってきます。
また患者さんが治療室に入ってから出ていくまで、できるだけスムーズな動線を描けるように心がけてください。

経験豊かな施工業者、紹介します。

内装・看板・院内レイアウトについて、弊社にご相談ください!

戻る 次へ進む
ホーム | 会社案内 | 業務案内 | 医療機器サプライ | 通常商品 | 医療クリニックコーディネート | 実録!! 整骨(接骨)院が出来るまで | ホームページ制作
お問合せ | リンク | ブログ
Copyright (C) 日本医商 All rights reserved.